A to Z

A to Z

1966年発売の Olympus PEN FT オリンパス。レンズキャップの花文字が可愛い PEN FT 遂に来訪なり。

2018年03月07日

・Olympus PEN FT オリンパス PEN FTの来訪

難しいことは、よくわかりませんが、
カッコイイと可愛いと兼ね備えた
フィルムカメラですね。
見た目シンプルで、無駄がなくて・・・

レンズは、F.Zuiko Auto-S 1:1.8 F=38mm。
標準レンズですね。
レンズの側面は、中古品ですので、擦れが若干多めですが
それも良い感じです。

・Olympus Pen FT Wiki
penFTは、オリンパスが1963年に発売した世界初のハーフ判レンズ交換式一眼レフカメラPenFに続き
1966年にリリースされた。

露出計とセルフタイマーが内臓。

露出計は、フィルム速度・シャッター速度・測光値に基づきファインダー内部に
表示されるTTLの数字とレンスに刻まれた数字を手動で合わせるという形式で
開放測光を実現するとともに、レンズごとに異なる開放時と絞り込み時の特性の
補正なども実現可能になった。

また、焦点調節の便をはかるために全面マットのフォーカシングスクリーン中央部に
マイクロプリズムが設けられている。

シンクロコード接続用コネクタの基部にシンクロのタイミングをX接とM接点に切り替える
スイッチが設けられている。

・検品 Olympus Pen FT w/lens F.Zuiko Auto-S 38mm F1.8
・シャッター全速を試してみる。
・まず露出計がうごくか。
・タイマー
(巻き上げて→タイマーを上げる→ピント合わせて→タイマーボタン押す)
この順番でやったら、タイマーシャッターできました!
Olympus Pen FT
やれやれです。
タロイモの葉の下で、休憩中です。
追記:
レンズは、絞り羽の動きがスムーズか
確認。
油染みもありませんね。

余裕があったら、フィルムを入れて
撮影をしてみたいところでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください